フロアコーティングの価格相場はどれくらい?

フロアコーティングのおすすめ業者を価格で比較

当サイトではフロアコーティング業者を価格と安全性の面から比較し、おすすめ業者とコーティング方法を紹介しています。

トップページではその中でも5社に厳選。各社のおすすめコーティング方法の比較表を掲載しています。

グッドライフコート ナノ/グッドライフ 100,000円~

公式サイト

フロアマニキュア ナノ/スリーエスコーポレーション 121,600円〜

公式サイト

フロアコーティング/サウザンコーポレーション 150,000円~

公式サイト

フロアコーティング/ハードプロテクト 172,800円~

公式サイト

スペシャルクリアコート/グリーンジャパン 330,000円~

公式サイト

価格だけでなく安全性も考慮して選ぶフロアコーティング業者5選

フロアコーティング業者を選ぶ際、保護性能や価格も大切な要素ですが、最近は安全性を重視する傾向が高まっている点も見逃せません。

例えば注文住宅に住んでいるご家族なら、木材や内装材など自然素材にこだわったり、換気性能を重視した家を建てているケースも多いでしょう。

コーティングはこうした長所を保護するものですが、コーティングをしたことによって住む人の安全性が損なわれてしまうようでは本末転倒。

そこで、保護性能だけでなくコーティング剤の安全性が注目されているというわけです。

1位

グッドライフ
「グッドライフコート ナノ」

価格

100,000円〜

グッドライフ「グッドライフコート ナノ」
  • F☆☆☆☆取得
  • 第三者機関で安全試験済み
  • TVOC(総揮発性有機化合物)の数値が非常に低い

当サイト紹介業者で最安!グッドライフをもっと詳しく

2位

株式会社スリーエスコーポレーション「フロアマニキュアナノ」

価格

121,600円〜

フロアマニキュアナノ
  • F☆☆☆☆以上の安全性
  • 第三者機関の調査あり
  • VOC(揮発性有機化合物)14物質が極めて少ない

詳しくはこちら

3位

株式会社サウザンコーポレーション「フロアコーティング」

価格

150,000円〜

フロアコーティング
  • 安全性に関しては公式サイトに記述無し。要問合せ

詳しくはこちら

ハードプロテクト
「フロアコーティング」

価格

172,800円〜

フロアコーティング
  • F☆☆☆☆取得
  • 食品衛生法第370号の試験をクリア
  • シックハウス原因14品目がほぼ0

詳しくはこちら

株式会社グリーンジャパン
「スペシャルクリアコート」

価格

330,000円〜

スペシャルクリアコート
  • F☆☆☆☆取得
  • 357の菌に効果がある抗菌剤を採用

詳しくはこちら

良心的な価格で品質も高水準なグッドライフコート・ナノ

当サイトで紹介している業者のコーティングは、その多くがF☆☆☆☆を取得しています。

グッドライフコート・ナノの施行例これは建築基準法が定めるホルムアルデヒド放散等級区分の最高等級で、日本塗装工業会が認定するもの。

小さな子供やペットがいる家庭なら、特にシックハウスやアレルギーは心配のタネですが、F☆☆☆☆取得のコーティングなら安心できます。

また、VOC(揮発性有機化合物)の値が低いことも安全性につながります。

これはVOCの総和であるTVOCで測ることができるのですが、価格比較でも高評価したグッドライフコート・ナノの場合、TVOC放散速度が一般業務用ワックスの約126分の1という極小レベル。

さらに、これらは第三者機関による調査を経て公開されているものなので、十分信頼できるデータといえます。

F☆☆☆☆を取得していても、第三者機関の調査を経て数値を公開しているところはあまり多くないので、安全性比較では大きなポイントになるでしょう。

他にも、企業として国際標準化機構認定ISO9001を取得しているので、施工品質という点でも評価できます。

グッドライフはコーティングに特化した専門企業として、創業21年の歴史と15万件超の施工実績を持ち、そのサービス品質の高さを裏付けています。

当サイトがグッドライフコート・ナノをおすすめする理由は、価格の安さに加えて上記の通り安全性の高さが証明されているから。

さらに施工時間が1.5~3時間と極めて短時間なので、入居中の家庭でも施工しやすいなど多くのおすすめポイントがあります。

グッドライフコート・ナノについてもっと詳しく

まごころ価格で高品質!水性フロアコーティングの価格相場

価格を第一に考える場合、比較的安価な水性コーティングは選択肢に上がると思います。そんな水性コーティングの価格相場を調べてみました。

水性コーティングの価格相場:16万円前後/20畳あたり

相場で見てみると、思ったよりも高く出ていると思う方もいるかもしれません。ですが、本サイトで扱っている業者は、相場を下回る業者ばかりです。

価格で業者を探す場合はぜひ参考にしてくださいね。

フロアコーティングはかける場所床材によって、金額が大きく変わります。

業者が、具体的な金額をサイト等にあまり打ち出していないのは、金額を決められないということが大きいのです。

場所によって変わる値段

フロアコーティングの料金計算の際、平米や畳で計算するのですが、実はここにも価格変動の可能性が。

例えば、リビング・キッチン・廊下で20畳ほどなので、20畳分の値段で計算していたら、実はキッチン・廊下は別料金で、思っていたよりも金額がかさんでしまったということも…。

特に、階段にもコーティングをかけようと思っている方は要注意。多くの業者で、階段は手間がかかってしまうため料金設定を高めにしています。

そういったことは事前に知っておけば、対応できることですので、業者のサイトをチェックしたり、見積もり時に確認しましょう。

床材によって変わる値段

床材はフロアコーティングをする際、一番気にしなければいけません。場合によっては、コーティング不可な場合もあります。

フローリングの材質はさまざまなものがあります。すべてが木でできているわけではなく、木材のように見えるプラスチックシートが貼られた床材などもあります。

プラスチックシートは、コーティングできる種類が限られてしまうため、業者にお断りされてしまうかもしれません。その他にも、薬剤をいつもと違うものを使わなくてはいけないなどで、金額が上がることもあります。

こちらは、業者へ必ず確認を取りましょう。コーティングの種類が多い業者なら、施工可能なコーティングを探してくれます。

フロアコーティングをかけようと思ったら、まずはしっかり業者と相談をしましょう。今は、ショールームを持っているフロアコーティング業者などもありますので、見積もりを取ったり、ショールームへ出かけるなど事前準備をして、お得に高品質なフロアコーティングをかけましょう。

 
ページの先頭へ
フロアコーティングの価格相場はどれくらい?